タイムカードは勤怠管理に必要不可欠

category01

タイムカードは、従業員がどの時間に出社をして、どの時間に退社をしたのかを正確に把握するものです。
そのため、勤怠管理には欠かせなくなっています。
オーソドックスなタイプは、タイムカードを機械に差し込んで、紙に出社や退社の時間を記します。

最近では、こういったオーソドックスな物ではなく、認証カードをかざすことで対応している物もあります。

その場合、物理的に紙に印字するのではなく、コンピューター上にデータが保管されます。どちらかというと後者の方が、勤怠管理のしやすさという点では優れています。
どのような方式のタイムカードを利用するのかは、従業員の数や、勤怠管理に割ける時間などを考慮すると良いでしょう。

多数の人材が働いている会社の場合、紙で印字した物を管理するのは大変です。

結局はデータを打ち込まなくてはならないからです。



そうすると、打ち間違いが発生するリスクもありますし、時間もかかってしまいます。



その点、初めからデータをパソコンの方に送る仕組みになっていた方が、打ち間違いのリスクを回避することができますし、時間の短縮ともなります。



その代わり、システムを導入するためには、紙で印字する機械を導入するよりコストがかかります。
以上のことから、会社の実情に合わせて選択をするのが良いでしょう。

小規模の階差ならば、さほど人数が多いわけではありませんし、大きなコストを払う必要性もないため、紙のタイプで問題ありません。

おすすめ情報

category02

勤怠管理システムは、ただ出勤時間や退勤時間、休憩時間まで、勤務に関するあらゆる時間を管理するだけではありません。その他にも出来る事と言えば、たくさんあります。...

subpage

ITの秘訣

category02

社員の勤怠管理をしっかりやることは重要ですが、なかなかちゃんと管理できていない会社が多いのも事実です。しかし、勤怠管理をしっかりやっておかないと、一部の社員の残業が異常なほど長時間になったりし、それが原因で過労自殺などが起こったりする可能性もあります。...

subpage

ためになるIT

category03

従業員の労働時間や出勤日数をしっかり管理しないと、労働基準法に触れる恐れがあります。働かせすぎた従業員は休ませたり、遅刻の多い従業員を注意したり、組織を運営する立場の人間は勤怠管理で気を遣わなければいけません。...

subpage

みんなの常識

category04

プレミアムフライデーが導入されるにあたり、多くの企業にとって勤怠管理は喫緊の課題です。日本国内では過度な残業による社員の酷使や、ずさんなスケジュール管理による環境の悪化が指摘されてきました。...

subpage